果物

桃と相性のいい食材ってどんな物がありますか?

桃には相性によって抜群に栄養価が上がるというものはありません。
ただある研究によると果物というものは4つのグループに分かれるのだそうです。
まず単品で食べるもの、酸っぱい果物、甘い果物、少し酸味がある果物になります。
この中で桃は少し酸味がある果物にあたります。

ちなみに酸っぱい果物と甘い果物との相性はとても悪いそうです。
それは消化にかかる速度が異なるために、消化ばかりにエネルギーを費やすと肌や他の器官を修復する事が後回しになるので、出来るだけスムーズな消化が出来る様に気を付けた方がいいということから、相性がよくないとされています。
さらに柑橘系に関していうならば「浄化力」がなくなってしまうからです。

しかしここには桃が入っている少し酸味がある果物はあてはまりません。
相性はどれとも普通に良いそうです。
同じグループにはチェリー、葡萄、梨などが当てはまります。

桃との相性ではなく、美味しく食べる方法としてはデザートとの組み合わせがいいでしょう。
獲りたて新鮮な桃は甘くて何もしないのが一番美味しいのですが、たまにですがそのままで食べる気がしない桃にあたってしまうことがないわけではありません。

パフェなどに入っていることから生クリームを添えるとか、コンデンスミルクをかけるなどという方法があります。
また桃のコンポートや桃のジャムなどにして煮込むのに砂糖やレモン汁などと一緒に煮込むという方法がよくとられます。
さらにサラダにする場合は桃と他の果物を混ぜ合わせ、生クリームで合えるという方法や、冷たいスープにする場合にも生クリームやヨーグルト、豆乳などと一緒にミキサーにかけて冷やすことで美味しくなります。

桃は甘くて美味しいものの場合はそのまま何もしないで食べ、少し甘みがない桃の場合はデザートや料理などに使うのがよいでしょう。
その場合に一番使われるのは生クリームといってもいいでしょう。
桃は甘くして食べることで、美味しく食べることが出来るようです。

このページの先頭へ