果物

桃を使用した料理で一番美味しいのは?

桃は火を通さない料理が栄養をそのままに摂ることができます。
ケーキの飾りに使ったり、デザートに添えたりなどしても十分な甘味になるといってもいいでしょう。
ただたくさんの桃を傷まずに食べたい時は加工することで美味しくたくさんの桃を食べることができます。
その中でも人気のデザートをご紹介します。

桃のコンポートは食べやすく桃のもつ本来の味を生かしたお菓子で、桃と水とグラニュー糖とレモンによって軽く煮込んだ料理です。
ちなみにそのまま煮詰めるとジャムになるという2通りの楽しみ方があります。
これらは日持ちしませんので早めに食べた方がいいでしょう。

日持ちのする桃の料理といえば桃のシャーベットです。
桃を剥き、種を取って、水とレモン汁と一緒にミキサーにかけます。
お好みではちみつを入れても甘いシャーベットになります。

バットに流し入れてラップをかけて冷凍庫に入れます。
そのままでもいいのですが、1時間おきに泡だて器で完全に固まる前に崩すことを2、3回行うことで、滑らかなシャーベットになっていきます。
その間に卵白を泡立てメレンゲ状にして、シャーベットが固まる前に入れます。
完全に固まるまで冷凍したら桃のシャーベットの完成です。

こちらは凍らせるという手段を取りますので、桃を長く食べることができます。
また好みに合わせて入れるものを変えたり、食べる時の付け合わせなどでワンパターン化しません。
かき混ぜるのは強制ではありませんが、沈殿せずに美味しく滑らかなシャーベットになるのには必須といってもいいでしょう。

桃はお菓子にしかできないわけではありません。
桃のスープがあります。

桃の皮と種を取り除き、プレーンヨーグルト、豆乳、生クリームと一緒にミキサーにかけます。
器に移し、1cm角に切った桃を加えて冷蔵庫で冷やします。
冷えたものをスープ皿に盛り、ミントを載せれば完成です。

冷たいスープは、夏の暑い時期が旬の桃に合うものといえます。

このページの先頭へ