果物

桃が一番使用されているデザートはありますか?

桃が使用されたデザートは数えきれないほどにあります。
桃のケーキや桃をふんだんに使ったフルーツパフェに、桃のパンナコッタというように洋菓子は勿論、大福などにも使われています。
桃を丸ごと使っているデザートも珍しくはないのですが、ここは桃のパンナコッタをご紹介します。

桃1個を皮と種を取り除き、半分をミキサーでペースト状にし、半分はダイスカットしておき、その間にゼラチン3gを水に10分ほどさらしてふやかしておきます。
鍋に生クリーム200cc、牛乳40cc、砂糖30g、レモン汁を小さじ1/2杯入れます。
ふやかしたゼラチンを加え、火にかけてゼラチンを溶かします。

ゼラチンが溶けたら火にかけて、ミキサーにかけた方の桃を加えて混ぜ合わせます。
混ぜ合わせたものをプリンを入れるような器に入れて、冷蔵庫に入れて固まるまで冷やします。
テフロンのフライパンにバター5gと砂糖大さじ1杯とダイスカットしておいた残りの桃を入れて火にかけ、砂糖がキャラメル色になり、桃にキャラメルの色がつきはじめ、絡みはじめたら火から降ろします。
冷蔵庫で冷えたパンナコッタの上に載せれば完成です。

桃をまるまる1個使ったデザートの1品です。
ちなみにこの場合の桃は白桃ですが、他の桃でも大丈夫です。
またケーキなどに挟む桃をコンポートにしたものを挟んだり、桃のジャムを作ってケーキに挟むということも可能です。
ケーキの上にコンポートした桃を並べてもいいでしょう。

桃は相性が悪いものはなく、生クリームともよく合います。
また桃のゼリーを作ったある会社の社長は大きな桃を作るために間引いた小さな桃を工夫して加工し、小さな桃がまるまる入ったゼリーを完成させました。
家庭では作ることのできないプロの技ですが、透明なゼリーの中に可愛い桃が入った逸品は見た目からして可愛く、食欲をそそります。
桃はデザートに向いているために様々な工夫のされた桃のデザートがたくさんあるといってもいいでしょう。

このページの先頭へ