果物

桃が一番美味しいとされている時期は?

桃は品種によってその時期が少しずつ異なりますが、夏に美味しい果実になります。
「白凰」は6月の下旬から8月上旬頃がとても美味しい時期で、一番早くに出回り始めます。
白凰は品種の種類が多いために、その品種の美味しい時期が少しずつずれているために期間が長いように感じますが、一番早い「日川白凰」が6月下旬であり、「長沢白凰」が8月上旬が旬であるように、一口に白凰と言ってもその品種によって時期が微妙に違います。

「白桃」は主に7月下旬から8月上旬が美味しい時期になっています。
白桃の品種もありますがこちらは美味しい時期にあまり違いはありません。
白桃とはその名の通りに白い桃であり、岡山県が発祥の地とされています。
日本独自の桃とも言われており、白桃から品種改良されて生まれたのが白凰です。

また白桃と白凰を掛け合わせて生まれたのが「あかつき」という糖度が高く歯ごたえのある桃で、7月下旬頃がもっとも美味しい時期とされています。
また黄色の桃である「黄金桃」は「川中島白桃」から偶然誕生した品種で、果皮や果肉ともに黄色い色をしています。
美味しい時期は8月上旬頃からで、他に「ゴールデンピーチ」や「黄美娘」などといった品種があります。
桃狩りというイメージから秋の味覚と勘違いされがちですが、桃が美味しい時期は夏です。
秋に行っても旬の時期は逃しているといってもいいでしょう。

ただ桃は冷え症改善の効果があるなどといった身体を温める効果を持つ果物のために、暑い時期に木からとって食べても身体が冷えるということはありません。
しかしその新鮮さや甘さは比較にならないほどに美味しく、木から獲った桃の瑞々しさは身体を潤してくれるといってもいいでしょう。

桃は雨によって実が大きくなる代わりに甘みが拡散してしまうということになりますので、長雨が続いた後はいくら旬の時期であったとしても味が落ちてしまうことがあります。
桃狩りに行く時などは天気の確認をしましょう。

このページの先頭へ