果物

桃がやわらかいのは何か理由がありますか?

桃が柔らかくなるのは熟すからです。
他も果物も熟すほどに柔らかくなりますが、腐っているようなものです。
しかし桃が柔らかくなるのは熟し具合を表しています。
勿論硬い品種の桃もありますので、桃の品種確認をするようにしてください。

硬いのが通常の桃が柔らかくなるのは腐っていっていることになります。
また店で選ぶ時柔らかいかどうかを確認したくても触らないで見るだけにしましょう
桃は押すことによって傷んでしまうことがありますので、注意が必要です。

丸みを帯びた形状で、重く感じる桃がよいでしょう。
三角のおにぎり形をした桃は一般的な品種では未熟とされています。
桃は丸く色も赤みが強いものがお勧めです。
ただし白桃は白い桃ですので、赤くなることはありません

買って帰った桃が硬かった場合は柔らかくするために新聞紙や紙袋に包み、風通しの良い場所で保管するようにしましょう。
好みの柔らかさになったら冷蔵庫で2~3時間、冷やしてから食べるようにしましょう。
桃の柔らかさによって好みの甘さや硬さが分かるようになります。
柔らかければ柔らかいほど甘くなると置いておくと腐ってしまいます。

冷蔵庫に入れると甘みが半減してしまうために常温保存が勧められますが、1~2日で完熟します。
あまり柔らかくなるのを待ったら腐ってしまいます。
桃がたくさんある場合は食べごろを分けるために保存方法を変えるということもできます。

まずは林檎と一緒にビニールに入れて野菜室に保存すると、林檎から発生するエチレンガスで追熟を促すことができますので、早めに熟成されます。
何も入れないまま冷蔵庫に保存して食べる前に出し、常温に戻すという方法もあります。
ただ柔らかくなる品種なのに全く変わらない場合もあります。
その場合は長くおいても熟成することはありませんので、できることならば加工して食べるようにしましょう。

ただ桃は生で美味しく食べたい場合は、桃が柔らかくなるのかが大切です。

このページの先頭へ